歯を失ってしまった時の対処方法

歯を失ってしまった時の対処方法としましては、入れ歯、インプラント、ブリッジインプラント、歯の移植があります。保険治療の範囲内でできる選択肢としてブリッジが挙げられますが、健全な歯を削ること、支えとなる歯に負担がかかること、口の中が不衛生になりやすいことなどデメリットも多いです。入れ歯もデメリットはほぼ同様ですが、歯を削ることはほとんどありません。歯の移植は誰でも治療ができるわけでなく、一定の条件下にある場合に限られます。

治療前に抱いている不安を解消!手術が必要なインプラントについて

婦人

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯が失われてしまった時に行なわれる治療法になっており、インプラント体と呼ばれるものを顎の骨に埋め込んでいきます。それの上から義歯を被せることにより、自然の歯と同様の見た目に仕上げることができるでしょう。インプラント治療を行なうことで周りの歯を削る必要がなく、硬い食べ物も難なく噛んで食べることが可能です。また、硬い物を食べることができないと顎の骨が痩せていくのですが、痩せるのを防ぐなどメリットが多いのが特徴です。
但し、歯を抜くのと同じ程度の手術が必要であること、全身疾患がある場合には治療ができないことがあるなど多少のデメリットも勿論あります。ですが、そのメリットの多さと、最近は治療費も下がってきたため、インプラント治療をする方が増えています。

医療器具

インプラント治療が適している人の特徴

1.失った歯の両隣がまったく問題のない天然歯である場合
この場合、1本の歯を失ったことで部分入れ歯を選択することはまずありませんし、ブリッジですと両隣の歯を削らねばなりませんし、ブリッジを支えるために大きな負担をかけることにもなります。
2.奥から順番に歯が抜けていくケース
歯周病やカリエス病のために大臼歯が抜けてしまい、次々に奥歯がぐらついてきて噛めなくなってしまうケースは非常に多いです。この場合、奥歯がないためブリッジは渡せませんし、部分入れ歯でも安定が悪く、残っている歯に返って負担をかけて早期に失ってしまうことにもなりやすいです。
3.総義歯が合わない、満足できないケース
これもよくあるケースですが、高齢で全身疾患を抱えているケースも多く、インプラント治療ができない場合も多いです。総義歯にする前にインプラントを検討するのも一考です。

口元

インプラント治療の流れ

1.検査と治療計画
インプラントを埋め込む骨の位置や歯の本数などによって治療法は異なります。インプラント治療に入る場合、まず歯科で検査をして治療方針を決めてもらいます。
2.一次手術
歯茎を切開してあごの骨を削り、インプラントを埋め込みます。
3.治癒期間
インプラント素材のチタンは骨と結合する性質を持っており、通常3~6カ月の治癒期間を置きます。
4.二次手術
骨をインプラントが結合して安定した後に、アバットメント(インプラント体とその上に付ける人工の歯との連結部分)を装着し、歯茎が治るまでの治癒期間を1~6週間置きます。
5.人工歯を作製
歯茎が治り次第に歯型をとって、義歯が完成したらインプラント体の上から被せて完了となります。